自然農法について ~農業の今後~



みなさまこんにちは、藤井盛光です。

農業は我が国において①食を供給し、②中山間地域の生活を守り、③景観と環境を保全し、④さらには水害から市街地を守る、言うまでもなく大変重要な産業です。

戦後の農業政策は小作農を護送船団式に守り、産品の安定供給と市場価格の維持を主眼とし、現在においては一つのゴールに到達したと考えられます。

つまり、「国内市場で一定の品質で同じようなものを大量生産する」農業が奨励されてきました。

一方でTPP交渉に見られるような外圧、消費者ニーズの多様化、専業農家の激減といった潮流の中で、今後の農政には既存の価値観を打破する改革的視座が必要になるでしょう。




その取り組みの一つとして、いわゆる自然農法の普及は面白い方向性だと私は考えます。

この自然農法とは、【不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。(引用:wikipedia)】というものです。

いわゆる有機農法、オーガニック農法を更に自然回帰させたところに位置づけられます。

雑草の根が張り巡らされることにより土が耕され、微生物の生態系が安定することや、根圏の異なる作物を混植することで雑草の繁殖を抑えられることなど、様々な利点があります。

当然のこと課題もありますし、現場の農家さんの共感が得られないことには始まりませんが、この農法のための技術開発・革新が進めば、農業の多様性を図り、新しい需要を喚起することも可能ではないでしょうか。




とにかく糖度の高く虫食いのない綺麗で見た目の良い野菜は、見栄えがよく生食に無難です。

その反面、手間ひまがかかり、農薬を多用する必要があり、野菜そのものの風味・野性味が損なわれがちです。

何と言っても、「自然」というキーワードは老若男女を問わず多くの方々の共感を得るものです。

これからの我が国の農業存続を前提として、様々な可能性を探り、実現できるよう、私も勉強を進めてまいります。




以上




   

長岡市長選挙・立候補表明記者会見

みなさまこんにちは、藤井盛光です。

本日午後3時にアオーレ長岡の記者クラブをお借りして、11月1日告示・8日投開票の長岡市長選挙への立候補表明をさせていただきました。

立候補を決断した経緯、政策運営の基本理念、現時点で発表できる公約をお話させていただき、その後質疑応答を行いました。

質問は多岐にわたり、なぜこの時期に出馬したのか、議員として応援してくださった方への言い訳、出馬を決めたタイミング、自分の意志か他人の後押しか、多選をどう考えるか、森市政との違いはなにか、政党の推薦はあるか、選挙の戦い方はどうか、人口減は森市長のせいか、合併地域の不満の具体例、後援会の体制はどうか、森市政の評価できる点できない点、教育内容に不満はあるか、市議としての限界を感じたのか、現市政と住民の距離とはどのようなことか、コンパクトシティと合併地域振興の整合性、現市政の合併地域振興をどう評価するか、細かい公約全体の発表時期、選挙戦の焦点はどこになるか、若者の投票率をどう考えているか、原子力政策について、森市長と原発に対する考え方の差異はあるか、泉田県政をどう考えているか、原発再稼働・地元同意について。

かなり盛り沢山でした。
私自身、はじめての政治的な記者会見でしたが、受け答えをする中で首長という立場の重みを改めて実感致しました。

追記:
次世代の党支部長は辞任し、今回の選挙では無所属で立候補致します。複数名の代表が集う議会とは違い、全ての市民の長たる立場において、特定政党の支援を受けることは不適当という考えに基づくものです。