星野伊佐夫新潟県議の書類送検に関する一考察

皆様こんにちは、藤井盛光です。

お彼岸の時期を迎え、確かに季節の変わり目を感じる気候になってまいりました。

ここ長岡も台風による35℃の気温から一転して20℃となり、体調を崩さないように私も気を遣っております。

皆様もどうぞご自愛ください。





星野県議が新潟地検に書類送検されました(リンク

これは逮捕と同義であり、裁判所に送られる可能性が非常に高くなったことを意味します。

音声データがある以上、起訴されれば有罪判決が出るでしょう。

そうなれば公民権停止となり、お年を考えれば政治生命は終わります。


問題は告発者の泉田代議士をどのように自民党本部が処遇するかです。


星野県議は12期も県会議員を務められており、その積み重ねの中で面と向かって問題点を指摘できる政治家はこれまでいませんでした。

そこに断固として立ち向かったのが泉田代議士です。

しかしながら泉田代議士は長岡出身ではない他所者であり、知己も多くありません。

そんな地元の構図の中で自民党の新潟県連や長岡支部は、ボイスレコーダーで秘密録音した泉田はけしからん、排除だ!と感情論で息巻き、泉田代議士の長岡選挙区支部長の更迭をものすごい勢いで党本部に具申しています。

ですが、まだ党本部は判断を保留しています。


私は悪事を組織内で浄化できない、自浄作用のない政党がこの時代に有権者から支持を得ることは難しいだろうと思います。

もし党本部が地元の意向を優先して泉田更迭ということになれば、長岡は落ち着くでしょうが全国の有権者はどう思うでしょうか。

勇気ある告発者を自民党は潰すのか!話にならない!と支持率は更に下がることは自明です。


逆に党の特別機関として綱紀粛正本部を設置し、泉田代議士を本部長に就ければこの件において自民党の支持率低下は防げるでしょう。


自民党員でない私が余計なおせっかいかも知れませんが、私は泉田代議士の活動が正当に評価されることを願います。


そして長岡がこの時代遅れの因習と決別し、健全な発展性のある街になるために、私も微力ながら頑張って参る所存です。



以上



Powered by Blogger.