長岡市議会議員選挙


みなさまこんにちは、藤井盛光です。

4月26日投開票の長岡市議会議員選挙ですが、選挙事務所の開設に向けた準備や来る3月議会の準備等で忙殺されている毎日です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

こうして再選を期すべく迎えた選挙ですが、昨日参加致しました立候補予定者説明会には定数34に対し42陣営が参加となりました。

8名落ちる選挙と激戦が見込まれるのと同時に、周囲からは「2期目は厳しい」「全く予断ならない」と叱咤激励されております。

もちろん私もそれを受けて全力で取り組んでまいる所存ですが、そういった当落を主眼としたものとは別次元で、私の内面的には、この4年間で自分は成長したのか、どうしたら更に自分は成長できるのか、そしてそれを市政に活かせるのかが意識を大きく占めています。

前回の選挙から4年という年月が実際に経過していることは、当選前には幼稚園に上がる前だった長男が今春から小学生となり、娘も2人増えたことから実感しますが、自己の成長となりますとなかなか指標がありません。

いくつか言えることは、前回初出馬するときには無かった「現場の意を酌んだ政策」が今の私には確固としたものとしてあること、またその政策・主義主張を支持してくださる支援者の存在を実感するということです。

常在戦場の心持ちで駆け抜けてきた4年間の結果はどうなるか、悔いの残らないように最後まで走り続ける所存です。



おしまい