自然農法について ~農業の今後~



みなさまこんにちは、藤井盛光です。

農業は我が国において①食を供給し、②中山間地域の生活を守り、③景観と環境を保全し、④さらには水害から市街地を守る、言うまでもなく大変重要な産業です。

戦後の農業政策は小作農を護送船団式に守り、産品の安定供給と市場価格の維持を主眼とし、現在においては一つのゴールに到達したと考えられます。

つまり、「国内市場で一定の品質で同じようなものを大量生産する」農業が奨励されてきました。

一方でTPP交渉に見られるような外圧、消費者ニーズの多様化、専業農家の激減といった潮流の中で、今後の農政には既存の価値観を打破する改革的視座が必要になるでしょう。




その取り組みの一つとして、いわゆる自然農法の普及は面白い方向性だと私は考えます。

この自然農法とは、【不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。(引用:wikipedia)】というものです。

いわゆる有機農法、オーガニック農法を更に自然回帰させたところに位置づけられます。

雑草の根が張り巡らされることにより土が耕され、微生物の生態系が安定することや、根圏の異なる作物を混植することで雑草の繁殖を抑えられることなど、様々な利点があります。

当然のこと課題もありますし、現場の農家さんの共感が得られないことには始まりませんが、この農法のための技術開発・革新が進めば、農業の多様性を図り、新しい需要を喚起することも可能ではないでしょうか。




とにかく糖度の高く虫食いのない綺麗で見た目の良い野菜は、見栄えがよく生食に無難です。

その反面、手間ひまがかかり、農薬を多用する必要があり、野菜そのものの風味・野性味が損なわれがちです。

何と言っても、「自然」というキーワードは老若男女を問わず多くの方々の共感を得るものです。

これからの我が国の農業存続を前提として、様々な可能性を探り、実現できるよう、私も勉強を進めてまいります。




以上




   

長岡市長選挙・立候補表明記者会見

みなさまこんにちは、藤井盛光です。

本日午後3時にアオーレ長岡の記者クラブをお借りして、11月1日告示・8日投開票の長岡市長選挙への立候補表明をさせていただきました。

立候補を決断した経緯、政策運営の基本理念、現時点で発表できる公約をお話させていただき、その後質疑応答を行いました。

質問は多岐にわたり、なぜこの時期に出馬したのか、議員として応援してくださった方への言い訳、出馬を決めたタイミング、自分の意志か他人の後押しか、多選をどう考えるか、森市政との違いはなにか、政党の推薦はあるか、選挙の戦い方はどうか、人口減は森市長のせいか、合併地域の不満の具体例、後援会の体制はどうか、森市政の評価できる点できない点、教育内容に不満はあるか、市議としての限界を感じたのか、現市政と住民の距離とはどのようなことか、コンパクトシティと合併地域振興の整合性、現市政の合併地域振興をどう評価するか、細かい公約全体の発表時期、選挙戦の焦点はどこになるか、若者の投票率をどう考えているか、原子力政策について、森市長と原発に対する考え方の差異はあるか、泉田県政をどう考えているか、原発再稼働・地元同意について。

かなり盛り沢山でした。
私自身、はじめての政治的な記者会見でしたが、受け答えをする中で首長という立場の重みを改めて実感致しました。

追記:
次世代の党支部長は辞任し、今回の選挙では無所属で立候補致します。複数名の代表が集う議会とは違い、全ての市民の長たる立場において、特定政党の支援を受けることは不適当という考えに基づくものです。

   

不毛な対立なき政治




みなさまこんにちは、藤井盛光です。


本全国の注目を集めた大阪都構想、結果は僅差での橋下案否定となりました。
私は橋下氏の政策の是非は抜きに、彼が政界引退することに違和感を感じます。

住民投票で過半数を取れなかったとはいえ、誤差範囲のような票差の中で、橋下氏の理念に共鳴した方があれだけ沢山いたわけです。

今後の展開がどうなるか2万%わかりませんが、もし本気でその理念を貫き通したいのであれば、引き続き政治家として取り組んで頂きたいと思います。


さて、ここで幕引きせざるを得なかったのは、とにかく対立構造を巧みに作り上げ、対決するという橋下市長のスタンスに起因するところが大だと思います。

全ての既存勢力を敵に回し、戦いを挑むという政治手法は欧米ならいざしらず、日本社会という論理よりも「空気」が支配する地域においては極めてリスキーです。この「空気」は議会など政治の場にも存在します。

これを日本が遅れているとか非合理的であるとか切り捨てるのは簡単ですが、現実としてこの「空気」が厳然と日本社会の基調となっていることは事実です。これを受け止めた上で、どのように政治目標を達成するかが日本の政治家において「国内向けに」求められます。

昨今の国内政治を見ますと、純粋に政策論争で対立し議論するのなら良いのですが、お互いレッテル貼りをして叩きあうような、「保守陣営の空気」対「革新陣営の空気」が蔓延しているように見受けられます。

日本人から「空気」の要素を抜き取れない以上、あくまでも同じ空気を纏う国民として保守と革新の対決をすべきですし、私自身もスケールは甚だ小さいながら、包容力を持った上で筋を通せる政治家を目指したいと思います。



以上






   

長岡市議会議員選挙を終えて


【当選御礼】

お陰様で2回めの選挙、2222票を頂いて再選させていただきました。
4年間の市政への取り組みに対し、ご信任いただけたことを心から嬉しく、ありがたく思います。

予想通りの激戦となり、私も選挙を総括して評論できるほどの余裕は全くない結果となりましたが、たいへん貴重な経験となりました。

選挙を支えてくださった全ての方々に心より感謝申し上げます。
地方政治家として長岡にあって地元のため、お国のためお役に立てるよう、初心を忘れず一所懸命に頑張る所存です。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。


藤井盛光





   

市議会平成27年3月定例会



みなさまこんにちは、藤井盛光です。
ここ長岡は日一日と暖かさを増し、花粉も激しく飛び交っている毎日です。私も御多分にもれず止まらないくしゃみに悩まされております。

なぜ様々な症状が出るかといえば、体内の免疫系が花粉を敵とみなして攻撃するからですが、言い換えれば免疫系が活性化しているということです。

花粉症を呪うのではなく「俺の免疫系頑張ってるな」と前向き思考で花粉症と向き合いますと、私は多少気持ちが楽になります。
皆様はそう思えますでしょうか?



さて、平成26年度最後の3月議会は来年度平成27年度の予算審議がメインテーマです。
それに先立ちまして一般質問として芸術振興について市を質しました。

長岡市は外部から一流アーティストを招いたイベントを多く行っておりますが、一方で借り物ではなく地元で育った、草の根の視点も芸術を身近なものにするためには必要ではないかという問題提起です。

具体的には、①市立大学となった長岡造形大学の学生をクラフトフェアに積極参加させることにより、創作活動で食って行くことの実践と人脈作りの場を形成すること②一定数以上の芸術家を集めた創作の場であるアートヴィレッジを整備し、造形大学との関係を強めること③ストリートパフォーマンスの奨励、を提案しました。

これらの取り組みを通じて造形大に全国から集まる若者の活躍の場を当市において提供し、市民文化度の向上と長期的に見て観光資源としての発展が促せるのではないかと考えます。

また使い捨て文化の蔓延で、昨今失われつつある物を大事にするという価値観も、丹精込めて作られた作品を身近なものとすることによって、ものに愛着を持ち、壊れても直して使い続けるという古き良き日本人の価値観を育てることにつながります。

以上の提案に対しての答弁、大枠では意思の疎通が出来たと思います。
今後の地に足の着いた芸術振興に期待致します。



来年度予算は一般会計1500億円超、特別・企業会計も足すと2442億円の積極型予算として提出されました。

「地方創生元年」の予算として謳われておりますが、その実現のためにはお金が地元にとどまる政策も同時に打たなければならず、それは地方の裁量で可能です。

入札制度を含めてこれまで市当局と行ってきた議論は平行線ですが、実現のために私も精一杯尽力してまいりたいと思います。



以上






   

長岡市議会議員選挙


みなさまこんにちは、藤井盛光です。

4月26日投開票の長岡市議会議員選挙ですが、選挙事務所の開設に向けた準備や来る3月議会の準備等で忙殺されている毎日です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

こうして再選を期すべく迎えた選挙ですが、昨日参加致しました立候補予定者説明会には定数34に対し42陣営が参加となりました。

8名落ちる選挙と激戦が見込まれるのと同時に、周囲からは「2期目は厳しい」「全く予断ならない」と叱咤激励されております。

もちろん私もそれを受けて全力で取り組んでまいる所存ですが、そういった当落を主眼としたものとは別次元で、私の内面的には、この4年間で自分は成長したのか、どうしたら更に自分は成長できるのか、そしてそれを市政に活かせるのかが意識を大きく占めています。

前回の選挙から4年という年月が実際に経過していることは、当選前には幼稚園に上がる前だった長男が今春から小学生となり、娘も2人増えたことから実感しますが、自己の成長となりますとなかなか指標がありません。

いくつか言えることは、前回初出馬するときには無かった「現場の意を酌んだ政策」が今の私には確固としたものとしてあること、またその政策・主義主張を支持してくださる支援者の存在を実感するということです。

常在戦場の心持ちで駆け抜けてきた4年間の結果はどうなるか、悔いの残らないように最後まで走り続ける所存です。



おしまい







   

政治に「怒り」は不必要



皆様こんにちは、藤井盛光です。
今日は地元千手小学校のスキーボランティアに参加してまいりました。この4月に長男が千手小に上がるのですが、これは義務ではなく私の趣味の一環でお邪魔しています。
6名ほどのグループを引率して指導するのですが、同時にいまどきの子供たちを知る良い機会ともなっています。



さて本日は「政治と感情」について少し思うところを書かせて頂きます。

皆様もご存知と思いますが、政治的な主張をする際に「〇〇に怒りの声」「△△怒りのデモ行進」などと怒りを全面に出して感情を煽るような政党、集団が存在します。

そのわかりやすい組織は日本共産党さんですが、国会議員は「国民の怒りを安倍政権にぶつけたい」などなど、機関紙である「しんぶん赤旗」は「国民と怒り共有する新聞」と謳い、「辺野古に米軍新基地はつくらせない怒りの輪」などなど、まさに怒りの政党のようです。

個人個人が怒りという感情を持つのは人間ですから当然です。私だって怒ることがあります。

しかしながら、有権者の代表、公人たる政治家が怒りを前面に押し出して政治に参画して良いものでしょうか?

世界のリアルな実態を何も知らずに憲法改正反対!集団的自衛権行使反対!特定機密保護法反対!、、、、私は個人的には腹立たしく思います。

ただ公の場においては、論理的合理的になぜその主張が国益に反するのか、客観的視点を失わずに議論することが必要です。

怒れ怒れ!と有権者を煽るスタンスは一言で言うと「危ない」です。

彼らは戦前日本をことさらに批判しますが、あの時代に日本が突き進んだ道は、まさに「怒り」をはじめとした感情が先行したもので、結果的に壊滅的な被害をこうむりました。

怒りは人の目を曇らせます。彼らの得意な過去の反省を踏まえて、政治に怒りを持ち込むことはご遠慮いただきたいと切に願います。

なお、愛国心を大事にされ日本大好きな方々の「怒り」も、同様に政治には持ち込むべきではないと考えます。



おしまい